テーマ:時代物

「泣き童子」感想

「泣き童子」感想/角川文庫 宮部みゆき著  やっぱり面白いですわ。いつも読む前にさらっとは読めないだろうなあと勝手に思ってしまうんですけどいつもそんなことはなく、面白くてぐいぐい読んでしまっております。  基本どの話も面白いのですが、やっぱりタイトルにもなってる泣き童子の話のインパクトがすごい。オチもすごい。  泣き童子のす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新地橋」感想

「新地橋/深川澪通り木戸番小屋」感想/講談社 北原亞以子著  脳内で神田さんと池上さんで再生されるシリーズです。一作目は読んだことがあったんですが、実はシリーズで出ているのを知らず、先日図書館で続きが存在していたのを見て驚きました。でも二作目がなかったんで三作目(だと思う)を読んでおります。相変わらず主のメンバーが健在で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「静かな木」感想

「静かな木」感想/新潮社 藤沢周平著  三話の短編が入ってました。 「安岡家の犬」……いやー。これは正直何が言いたかったのかよく分からなかった。修業が足りなくて申し訳ない。お父さんの話かと思いきや、そうでもなかったような。しかし自分ならこれは婚約者を許せないなーと思いつつも、じゃあそれが鶏だったらどうよと言われれば自信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「隠し剣」シリーズ感想

「隠し剣」シリーズ感想/文春文庫 藤沢周平著 「隠し剣孤影抄」と「隠し剣秋風抄」の二冊をまとめて感想書きます。基本的に心穏やかに何の呵責もなく終える話てほとんどなかったんですが、それでも面白かったです。作中の「盲目剣谺返し/秋風抄より」は映画になった「武士の一分」の原作ですが、全編武士の一分!て感じの話でした。現代よりよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あんじゅう」感想

「あんじゅう/三島屋変調百物語事続」感想/角川文庫 宮部みゆき著  泣く。今作は泣ける。号泣でした。タイトルにもなっている「暗獣」編で、もう可愛くて切なくて。帯の通りです。くろすけがかわいいんですよ。宮部みゆきはさすが、女子供のツボを心得ていらっさる。こんなん出てきたら大抵の女子はメロメロだろ。じつはちょっと表紙買いでもあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おそろし」感想

「おそろし/三島屋変調百物語始」感想/角川文庫 宮部みゆき著  ホラーにも分類されると思うんですが、幽霊こわいというより人間コワいという話がほとんどでした。ただ怖いというより人間のエゴが重い話で、各話読了の心境はただやるせねえな~という感じです。一話目も分かるよなー……。自分の兄弟がそうなったら、自分も藤吉さんみたいに、帰ってこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花のあと」感想

「花のあと」感想/文春文庫 藤沢周平著  短編集です。全体的に女子が主人公が多かったのか、救いの全く見当たらない話ってのはなかったです。かといって完全幸せかといえばそんなことも無く、しかし読了後にさほど嫌な感じもしない、無力感もなく、どこかしらほっと笑える部分もあったりと、ハッピーエンド好きの方にも短編集では割とおすすめできる一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「霧の果て」感想

「霧の果て」感想/文春文庫 藤沢周平著  あくまで個人の感想ですが藤沢先生ラノベ書いてください、て依頼したらこんな感じになりそう。そんなんで、いつもより少しだけテイストが軽い、主役のセリフが軽くて面白い、たくましい肉体描写なんてのも珍しく入ってる今作です。うん、主役の神谷玄次郎、モテ男ですね。惚れてまうやろーと女子の誰しもが思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「闇の傀儡師」感想

「闇の傀儡師」感想/文春文庫 藤沢周平著  珍しく?実在の人物が何人も出てくる作品で、よしながふみ著の「大奥」を読んでいる方にはかなり馴染みのある時代だと思います。自分も思い出しながら読んでいたらなかなか面白かった。とはいうものの主役はほぼ無名の元武士で、嫁さんが自分の叔父と不倫したから離婚してしかも浪人になっちゃう、てな内容。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘太刀馬の骨」感想

「秘太刀馬の骨」感想/文春文庫 藤沢周平著  子供が亡くなったら、その夫婦間つうのは多少ぎくしゃくしてしまうのはやむを得ないと言いますか。数字に変えるのは嫌だと言われる方もいるでしょうが、統計上もそういう数値が出ているもよう。で、今作の主役夫婦も、子供が亡くなり奥方が気鬱になってるんですよ。で、奥さんは旦那に息子が死んだのはあん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「竹光始末」感想

「竹光始末」感想/新潮文庫 藤沢周平著  6作入っている短編集です。裏のあらすじにありましたが、確かに6作に共通するのは男の意地があるんでしょうねえ……。中にはなんとも救いがたいものもありましたが。  タイトルにもなってる竹光始末は基本ギャグだと思います。最初から最後まで笑えるというか、にやりとするというか。三十半ばの貧乏浪人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「彫師伊之助捕物覚えシリーズ」感想

「彫師伊之助捕物覚えシリーズ」感想/新潮文庫 藤沢周平著  今日含め三回藤沢作品の感想が続きます。  このシリーズは三作、「消えた女」「漆黒の霧の中で」「ささやく河」からなります。全部共通して、元岡っ引きの、現彫師の伊之助さんが主役で、岡っ引きをやりたくないのに事件に関わりを持たされて、しかも本気になって探してしまう、っていう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「たそがれ清兵衛」感想

「たそがれ清兵衛」感想/新潮文庫 藤沢周平著  表題を含め8作の話で一冊になってますが、どれも普段は侮られている武士が、実は誰もが剣の達人で、上司(?)から密命を受けたり個人的問題とかで、どえらい活躍をしてしまう、という話です。しかもどれもちっこいロマンスなんぞ入っていたりもして、かなり個人的に美味しい一冊でした。「たそがれ清兵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蝉しぐれ」感想

「蝉しぐれ」感想/文春文庫 藤沢周平著  切ない。主人公の牧文四郎がただひたすらまっすぐなのがまた切ない。尊敬している父が唐突に切腹を命じられ、その腹を切る直前に文四郎と父親はほんのひと時だけ、会って話をする場面から、父親の遺骸を持ち帰るまで、涙が止まらなかった。もうね、この辺の親子の会話と、文四郎の父への思いが厚くて泣ける。文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「用心棒日月抄シリーズ」感想

「用心棒日月抄シリーズ」感想/新潮文庫 藤沢周平著  時代物ファンならシリーズ全部読むのをお勧めするが、真のロマンス好きな方であれば1巻のみを読むのがよろしかろう。1巻はよかった……(遠い目)。赤穂浪士の討ち入りネタをちょくちょく入れつつ、主人公青江又八郎の活躍がすごくストイックで格好いいんです。脳内でバッチリ村上弘明で再生され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春秋山伏記」感想

「春秋山伏記」感想/角川文庫 藤沢周平著  角川の春秋山伏記の表紙はなんかかわいい。真ん中の山伏は当然大鷲坊で下の女性は多分おとしなんだろう、で、上の人物は誰なんだろう、いまだにわからない。  これも買ったまま読んでいなかったらしい、冒頭しか記憶になかった。内容はやっぱり剣客ものよりはほのぼのとしておりますが、藤沢作品だけあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「よろずや平四郎活人剣」感想

「よろずや平四郎活人剣」感想/文春文庫 藤沢周平著  再読です。初めて読んだ藤沢作品なんですが、そもそも時代物小説いいなあと思ったのは宮部みゆきの「かまいたち」からで、その派生で、タイトルとあらすじで購入を決めたのですが、ここから藤沢作品にハマったんだあーと思い出すと感慨深い。最初に読んだだけあって、何度か読み返したらしく、今作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神隠し」感想

「神隠し」感想/新潮文庫 藤沢周平著  短編集で、多分昔に買ったものなんですが、読んでいもほっとんど記憶になかったんで、多分買ったまま読まなかったんでしょうなあ。というのも、今回は全部読んだんですが、後味のよろしくない作品がほとんどで、そのせいで全部読まなかったんだろうと。11作中、ラストがほんわかと終わるのは一作だけだった気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「獄医立花登手控えシリーズ」感想

「獄医立花登手控えシリーズ」感想/講談社文庫 藤沢周平著  全4巻の文庫作品で、それぞれ1巻から「春秋の檻」「風雪の檻」「愛憎の檻」「人間の檻」というタイトルになってますが、一応シリーズ名をタイトルに入れました。  主人公の医者、立花登が酒癖のあまりよろしくない伯父の代わりに、牢獄のお医者さんの肩代わりをしているシリーズなんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おまえさん」感想

「おまえさん」感想/講談社文庫 宮部みゆき著 宮部みゆきの現代ものも面白いんですけどうちのめされることが多々あって最近は読んでないんですが、時代物はまだいけるのでようやく読了しました。やっぱしおもしろいです。小野不由美は「人間こわい」って話がいいですけど宮部みゆきはどちらかといえば切ないとかやるせないとかが多いですね。てなもんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more