テーマ:ハーレクイン感想

「億万長者の新妻の秘密」感想

「億万長者の新妻の秘密」感想/ハーレクインロマンス アビー・グリーン著  なんかすっごい込み入った話だった!情報量が多い!でも面白かった!  盛大にネタバレ込みで書きますが、ヒロインとヒーローはお互い好き合って(でも微妙に意思疎通できてなかった=お約束)結婚する気満々だったんですが、ヒロインの叔父が悪い人でヒロインを別の、もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蒼玉のセイレーン」感想

「蒼玉のセイレーン」感想/MIRA文庫 イローナ・アンドルーズ著  やっぱり面白い。もう最初からねえ読者の心掴むのが達者ですわ。  シーズン2に入りましてヒロインが次女に変更になったんです。設定上仕方無いとは思うんですけど、ヒロインの性格、というか仕事への対応が前シリーズの姉みたいになってて、なんかこう個性が若干消えた感あるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛の予感に震えて」感想

「愛の予感に震えて」感想/ハーレクインプレゼンツ作家シリーズ ペニー・ジョーダン著  今作は基本的にヒロイン目線なんですが、ヒーロー目線で辿ってみるとですね。  まず仮装パーティで超絶好みの女性に出会ってフラフラと魅力に引き寄せられるままに話かけてみると、相手もかなり乗り気でしかもめっちゃ可愛い。普段は絶対こんなことしないのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛されたくてついた嘘」感想

「愛されたくてついた嘘」感想/ハーレクインセレクト アビー・グリーン著  タイトルの字面は美しいが、読了して思ったのは「愛したくてついた嘘」の方がしっくりくるなということですかね。  それはさておいて、なんとなく一度読んだような気もするんですが、自分の本棚には無かったし過去のブログでタイトル検索しても出てこなかったので(しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夜だけの誘惑」感想

「夜だけの誘惑」感想/ハーレクイン・ディザイア傑作選 ナリーニ・シン著  私の大好きな夫婦再燃ものなんですが、なんというかヒーローが非常にツボりました。ヒロインのこと好きすぎて「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」という感じになってる(伝わらねえよ)。  まあぶっちゃけて言ってしまえば夫婦間のコミュニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「別れても愛しくて」感想

「別れても愛しくて」感想/ハーレクインロマンス ペニー・ジョーダン著  とうとうなんでそんなに頑ななんだよと思っていたら脳内で勝手に先を予測していたらしく、予測は当たっていたんですが私がおかしいと思っていた時点ではまだヒロインは誤解している状態だったという事態になりました。  いやだってさあラブラブやった主役二人が突然ヒーロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パワー・プレイ」感想

「パワー・プレイ」感想/MIRA文庫 ペニー・ジョーダン著  なんか思ってたのと違ったというか、うんズバリ言うと「過去編長い」。はなゆめで一世風靡した某前世漫画を思わせるほど長い。  シルバーも確かこんなで、序盤ですっげえガッと盛り上げて「えええええ続きどうなんの!!?」ってワクワクさせておいてふっと過去編に入って中盤過ぎてか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「永遠のサンクチュアリ」感想

「永遠のサンクチュアリ」感想/MIRA文庫 ビバリー・バートン著  ネタバレ満載でしかも今回は本当に好みの問題じゃねえか、という感想(いやいつもなんですが)。  面白かった。この三部作素晴らしかった。面白かったですう……。しかし個人の好みで以下二点がどうしてもしっくり来なくてうう〜とも思っておる。  1点目。ヒーローのヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雷光のレクイエム」感想

「雷光のレクイエム」感想/MIRA文庫 リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ著  おあああおおほあああおあおあ今回も表紙が神ってるよおおお……。MIRA文庫様には現状のこの手のイラスト表紙と従来のテイストの表紙2パターンを継続して貰えたら本当に嬉しい。全部絵表紙もなんか寂しいよなあ、と。先日の「いつかあの丘の果てに」系の、女性表紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホテル・インフェルノ」感想

「ホテル・インフェルノ」感想/MIRA文庫 リンダ・ハワード著  ああああああああ復刊ありがとうございます!めっちゃ待ってた!しかも素晴らし過ぎる表紙!最高です!  てなもんでもうずっとずっと読みたかったシリーズ一作目です。リンダ先生が来た!やった!  相変わらずしょっぱなから読者をぐいぐい惹き付けるわあ〜ああああ(悶え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「砂塵きらめく果て」感想

「砂塵きらめく果て」感想/MIRA文庫 ノーラ・ロバーツ著  圧巻。もうなんというかさすが。圧巻。アカーン!  いやもう安定の面白さっすよ。最初の登場シーンから中程の決闘シーンから最後の決戦シーンまで息つく暇なく面白い。辛い過去をふまえてのカタルシスを読者にガンガン与えながらラブラブから一瞬引いてからの〜バーン!!!ですよ(ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魅せられた伯爵」感想

「魅せられた伯爵」感想/ハーレクインセレクト ペニー・ジョーダン著  久しぶりにとんでもねえヒロインが登場してくれて改めてタイトルへ「どこに魅せられたんだよ!!!」と突っ込まざるを得ん。  いやペニー・ジョーダンに限らず、というかヒロインヒーローどちらとも限らず、本当に唐突にとんでもねえ主役がバーン!と出てきてくれるもんですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「五番街の小さな奇跡」感想

「五番街の小さな奇跡」感想/MIRA文庫 サラ・モーガン著  はー泣く。このシリーズ最高泣く。素晴らしかった泣く。涙腺が弱い。  いやもうさあシリーズ内でも今作ヒロインずっと好きやったけどさあ!はー素晴らしかった。この感じのヒロインとその相手になる斜に構えてる感じのヒーローの組み合わせは定番で王道でつまりめっちゃ美味しいことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遙かな森の天使」感想

「遙かな森の天使」感想/MIRA文庫 ヘザー・グレアム著  顔を隠して雄っぱいを隠さずなのはアレだ、日本の時代劇で着流しの俳優さんの前見頃を敢えて若干横幅短めにしておいて殺陣シーンでちらふんどしを披露するのと同じだ。  ということで!読み終わったのですが!めっちゃ面白かったんですが!あれこれ本当にもうすんげえ面白いんですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガラスの中のシンデレラ」感想

「ガラスの中のシンデレラ」感想/ハーレクインロマンス アビー・グリーン著  仕事のできる残念男子が好きな私は、過去に辛いことがありすぎていろいろ面倒くさいことになってるヒーローが出るだけで、なんというかもう「ごめんなさいねえ私のためにわざわざ」とか思ってしまう。ということで今回もクッソ面倒くさく拗らせてるヒーローがヒロインを見初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛を捨てた理由」感想

「愛を捨てた理由」感想/ハーレクイン スター作家傑作選 〜プレミアム・コレクション〜 ペニー・ジョーダン著  今回の感想には作品のキモになるネタバレが含まれております。  ロマンス界、というかハーレクイン界かも、ここにはいろんなクッソ面倒くさいことになってるヒーローが存在する。田舎暮らしが出来なかった妻と離婚になった牧場主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「誘惑はシチリア式で」感想

「誘惑はシチリア式で」感想/ハーレクインセレクト サラ・モーガン著  ううううううるさい!一人が好きなんじゃ!別に顔も体も魂もイケメン宛がってくれとか言ってない!なんで寂しいのがあかんのじゃ!  と声を大にして言いたい時も無きにしも非ずですたが、基本ハマりました。面白かった。サラ・モーガンはええよ……。  ヒロインは、身内で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛を夢見た家なき子」感想

「愛を夢見た家なき子」感想/ハーレクインロマンス アビー・グリーン著  アビー・グリーン先生ならやってくれると信じてた!久しぶりの胸毛ヒーロー(当方比)ということで、絵に反映させましたがどうでっしゃろ。  個人の感想ですがアビー・グリーンの作風ってば「あーあーあーあーあーっ寸止め!」というのが多い気がするんですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「捨てられたガラスの靴」感想

「捨てられたガラスの靴」感想/ハーレクインイマージュ サラ・モーガン著  サラ・モーガンは医者主役もの多いんですけど、どの主役でも言えるのが、すごい仕事熱心で医療に対しひたむきというので、すごい好感度毎回高いんですけど、それ故今回はちょっと残念だな〜と思ってしまった。  いや、ヒロインがすごい熱心なお医者さんなんだけどさ、概ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚という名の檻の中で」感想

「結婚という名の檻の中で」感想/ハーレクインロマンス ジュリア・ジェイムズ著  え、ええ、えー、あ、え、えええええー?という感じの内容かなあ。  設定はもうどストライクでさあ、もう一、二位を争うくらいの大好物設定なんでさあ、それ故に盛り上がってから後半の両主役の心情に「え?」と戸惑いを隠せなかった。いやーヒロインもヒーローもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「十代のころ」感想

「十代のころ」感想/ハーレクイン文庫 ペニー・ジョーダン著  自分でも何故かさっぱりわからないんですけどペニー・ジョーダンが好き過ぎてもうなんでもおもろい。今作も面白かった。  ヒロインが17歳のときに、ヒーローが別の女性と婚約したんすけど、ヒロインはヒーローが好き過ぎてその婚約をブチ壊そうと画策し、ヒロインは「私とヒーロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大富豪の無垢な人質」感想

「大富豪の無垢な人質」感想/ハーレクインロマンス アビー・グリーン著  かねてよりアビー・グリーンさんはやれビリヤードやの、やれアルゼンチンタンゴやので、私のフェチをおおいにくすぐって下さっておりましたが、不敬を承知で申し上げますと、今作、ヒーローが何の前触れもなしに「便宜上」ヒロインを姫抱っこした時点で「なんや同類か」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「独裁者に誘惑された夜」感想

「独裁者に誘惑された夜」感想/ハーレクインセレクト アビー・グリーン著 運転手「つらい」  シークレットベビーものですね。いろいろあって、全てのゴタゴタから解放されてヒャッハーな状態になってたヒロインが、まさにその日にヒーローに出会ってワンナイトラブかましたら、それが父の仇ィ〜兼ヒーローが認知関連の裁判で徹底的に相手やりこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘密の情熱」感想

「秘密の情熱」感想/ハーレクインセレクト ペニー・ジョーダン著  今まで読んだロマンスの中でも1、2を争うレベルのいや〜なキューピッドが出た。  ヒロインが若いおりに両親が亡くなり、物語の始まるちょっと前に親族の一人が亡くなり、その人が所有していた不動産を遺産で継いだものの、そこにへんくつな老人が住んでて、あがががががめんどく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛の選択」感想

「愛の選択」感想/MIRA文庫 ペニー・ジョーダン著  フィクション小説の素晴らしいところは、現実では100%アウトなネタでも「おはなし」であればがぜんハイテンションで楽しめるところだと思うんすよ。楽しんで読んでおりますが、それは決して現実でこういうこと起こってもそれを推奨してるとか、自分もやってみたいとか、登場人物に成り代わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悪魔に捧げた純愛」感想

「悪魔に捧げた純愛」感想/ハーレクインロマンス ジュリア・ジェイムズ著  今回は脱線気味の話から始めるのですが。  新美南吉先生の「手袋を買いに」ってお話がありますよね。しもやけになった子狐が、お母さん狐に片手だけ子供の手に変えてもらって、人間のお店に手袋を買いに行くお話。好きな話なんですけど、私がだいぶ大人になってから、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナニーに天使の微笑みを」感想

「ナニーに天使の微笑みを/ホワイト・イブの奇跡」感想/ハーレクイン リアン・バンクス著  まごう事なき三部作の一作目ですね!ぐぎぎぎぎぎヒロイン妹とヒロイン兄の話も気になりすぎる!特に妹!どうなんのよ!  日本という国で、皇族=神の扱いが過去にあったこの日本で、もう皇族つったら品行方正で間違った事なんてしなくて良き母良き父良き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「伯爵と雪の華」感想

「伯爵と雪の華/ホワイト・イブの奇跡」感想/ハーレクイン ルイーズ・アレン著  ヒロインの過去設定が凝ってて上手いと思ったのと、その設定で後半からのこじれ具合が非常によき!と思いました。わりとしつこく言っておりますがイギリスリージェンシーものがなんとなく苦手というか、いまいち入り込めないのが多いって感じながらも読んだら「面白いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「真冬の千一夜」感想

「真冬の千一夜/ホワイト・イブの奇跡」感想/ハーレクイン アビー・グリーン著  こないだ出てた二部作の一作目にて意味深に出て来たヒロインのお友達。ヘイヘイヘイ、わかってんだぜスピンオフで出るんだろう?構わぬ遠慮せず出し給え!と待っておったら、こちらの短編で登場しました。  アビー・グリーンにありがちすぎる、モテモテ大富豪ヒーロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「聖夜のフェアリーテイル」感想

「聖夜のフェアリーテイル/ホワイト・イブの奇跡」感想/ハーレクイン サラ・モーガン著  できる女子三人が「アーバンジニー」という仕事を立ち上げて恋も成就するシリーズにて、二作目で登場した脇役が主役になっておりました。いや、このアップル気になってた。多分4作目くらいで出るんだろって思ってたら、こうして短編でお披露目されましたね。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more