「王女の降嫁 秘密の鳥と騎士団長」感想

「王女の降嫁 秘密の鳥と騎士団長」感想/ハニー文庫
さえき巴菜著

 悲しい場面から開始されるんですけど、そこがまずぐっと来るんすよこのお話はあ……。ヒロインの気丈、かつ稚さと、でもってヒーローの深い優しさがいいんです。出会いのヒーローのあの言葉にどんだけヒロインが癒やされて、でもってどんだけヒーローに惹かれたか、割と短いページ数でこうガっと、ガッと知らしめてくる筆力つうんですかね?台詞回し?言葉チョイス?とりあえずそういう読者に訴えてくるものがあります。深い。
 てなもんでネタバレ込みの感想なんですが、上記の最初の出会いでババーンとヒーローに惚れちゃったヒロインが帯にある通りおしかけ降嫁!?するお話でして。なんつうかねえ、ヒロインが可愛いんすよ……。このヒロインに押しかけられたら、多分9割の黒騎士は落ちる(主語が小さい)。そもそも挿絵を描かれた氷堂先生の絵とすごくマッチして素晴らしい相乗になってて、ヒロインが劇可愛い。ちょこっと天然系のお姫様なんだけど、でも言うことはきっちり言う。ありとあらゆることをきっちり言う。某所でヒーローの名誉を守るためにあなたの考えは間違ってる!ってしっかり言うし、ヒーローにもいちゃいちゃしたいんですってズバっと言う。でもお姉ちゃんにはちょっと言い負ける←こういうとこやぞ!可愛い!!!
 そんな史上最強に可愛いヒロインに振り回されているヒーロー。ヒロインに秘密が多いのと周りにそろっと策士もおって振り回されっぱなし。でも多分世のロマンスの9割8分の無骨な黒騎士は劇カワのヒロインに振り回される運命にあるからアキラメロン。だがネタバレだが敢えて言う。こういう振り回され系の黒騎士はしっかりバッチリ某所で攻守交代するから!もうそこが王道というか!それを期待して読んでるから!むしろここでも振り回されてたらルゴア!とキレる!ということでヒロインの希望通りになってるんですけどね。個人的にヒーローの心情をエクセルとか表にして変化を明示化してニヤつきたい。1章はこんな感じ、2章はこんな感じ、とヒロインに対する心情の変化が実に良い。あとエクセルの2列目にイベント書きたい。ここでこうなってるから変化しました!みたいな。そういう細かな伏線も入ったなんとも可愛らしいロマンスでした。堪能しました!
 あと殿方の厚い友情は私本当に大好物だからね、もうね……尊い……なんだよあのラスト……さいこう、さいこうかよ……。
 ついでに言うと某所でヒーロー、ヒロインのお姉ちゃんにキレられん?って心配になってたらマジでキレられてた。だよね。

出会いと別れの一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント