「私の心臓と破綻した神のプログラムについて3」感想

「私の心臓と破綻した神のプログラムについて3 あなたに残るその傷痕すべて」感想/eロマンスロイヤル
クレイン著

 タイトルの謎が解けた瞬間に「フォーーーーーーーー!」とレイザーラモンさんの例のあれを叫んだ。
 神タイトルっすね。こういうのめっちゃ好き。最高。語彙が消えるやつ。素晴らしい!

 ということで、ヒロインの失意と共にヒーローの堰が切れたような感情の吐露にて明かされる謎。1,2の前振りがあるから、過去編そのものは謎云々より何があったかを知るところにあるんですけど、多分。この作品の真の楽しみどころはその先にありましたね。
 ここから少々ネタバレ入りますが。

 こう、作者の決めた設定というか枷を、読者に「こうなんです!」と印象付けておいて最終的にそれを越えていく、裏をかいて?うっちゃりをかますようなお話大好きなんです。ええですねこれは!おおおおおそう来たか!そう来たかあ!と感動しましてん。楽しかった。
 そして過去編からの未来への流れもいい。途中の閨のシーンの、読者の劣情を煽る系のヒーローの独占欲強い某台詞も、この作品ではしっかり伏線として使われてるのがまた小憎い!
 最後にそこも伏線回収して完全には書かないけど未来は決して暗くないよ!という希望を持たせての大団円。すごい計算された上でエンタテイメントとしても読者を楽しませてくれる素敵な作品でした。ありがとうございました!

 最後ヒーローは社会的にも大人になっておるんですが、ヒロインを完全に守ってても精神面でまたショタおね(おねショタ)入っててここも好き。よいですな。サブタイは両主役二人のことを言っているんだと思う。ヒーローは何度も何度も心を刺されてるから多分。

 そもそも表紙絵に惹かれたんですよね。1と3が対になってるってのをツイッターで拝見して、がぜん興味が湧いたんですね。
 こういう出会いもあるんで、ツイッターもやめられんですよね。

try catch をしなかった神の敗北の一作。