「夢の中で愛して」感想

「夢の中で愛して」感想/二見書房
シャノン・マッケナ著

 ちょっと続き物で、#09にてチラ見せされたすっげえオッサンと#10でガチ対決すんのがあのマイルズ君なのかよマジか……ってページめくったら、そのヒーローにのし上げられたマイルズ君も最新のOSまでバージョンアップが済んでた設計になってました。
 そもそもシャノン・マッケナ先生のこのマクラウド兄弟シリーズは、ヒーローになる前にヒーローになる為の洗礼みたいなのが前作で行われる仕様になってて、多分#01のセス#06のヴァル以外(セスは単純にシリーズの1作目だったからという理由で)、歴代ヒーローは、主役になるまでに敵に踊らされたり普通に巻き込まれたりで、そこそこ酷い目に遭ってる。これが神=マッケナ先生によるしるしなん?カインとアベルみたいなもんなの?って正直歴代のヒーローに対して同情しか無い。で、おそらくそんな洗礼を何度も……かわいそうなくらい何度も受けてるマイルズ君が、確かシリーズ序盤〜中盤のマクラウド兄弟が主役だった頃に片思いだった彼女とカップルになってラブラブになれたマイルズ君が、#09にてその彼女に浮気されてフラれたという、もうなんというか「近日主役になります=それまでにごっつい酷い目に遭います」という盛大なフラグをおったててくれてましてね。涙を誘う。
 そのマイルズ君=ヒーロー、案の定前作できっつい目にあってて、そのせいでなんかすごいダウナーになってて、最新のOSまで上げられたら自動で性格もマクラウド兄弟アプリがインストールされてた。いやこれはシリーズ序場から中盤まで、武闘ど素人エリアにいたのに周囲の人間に気付いたらいろいろインストールされてたのに近い。そして気付いたら彼女がアンインストールされてた。悲惨かよ。
 いやこれ誰しもダウナーになるわこんなん……どっちかというとそれまで普通だったヒーローの通常の遷移かも知れん……いやごめんなさいこんな状況で「普通」「通常」って何だってなるよね申し訳ない。
 ということでシリーズ内、超常現象マックスでお送りされる今作で、#09にてチラチラ出てきたやっばい方々も出てくる中で、ヒーローがものっそい、タフガイになっててさあ……あんなに普通な青年だったのになんだってこんな修羅場に即時対応できる武闘派に……あれよね、医学系の若い青年にノリで額にネクタイ巻いてみてよ、ってお酒の席で言ったら、今までどんだけその作業させられてきたん?ってくらい完璧に額にネクタイ巻いてくれてさあ……修羅の世界かよってお酒の席なのに苦労が忍ばれ泣きそうになったのに似てない?似てない?そうですか……似てないですか……。
 いや、でもね。そんな最新OS積んでるヒーローなんだけど、元があの純朴な青年だと思うと、なんかこういつか何かしでかすのではないかとヒヤヒヤして読んでました。なんだこれおかんの心境?でも最終的にヒーローは立派でした。強くなったのねマイルズ君……数々の洗礼のおかげで……。
 そしてこれもマッケナ先生の洗礼なん?って思ったんですけど、前作でヒーローだったタフガイ仲間が後のシリーズでも助けに来てくれたりすんの、ちょっとファンサも入ってると思ってたんですが、先生の作品になると前作で活躍して後に脇役で出てるだけなのにガチで死にそうになるのね。ファンサじゃねえなこれ。人生厳しいって教訓か。物語といえど。
 ということでマッケナ先生は結構な鬼だとも思いましたが、さすがのクオリティ。すんごい面白かったです。
 あれこれ感想……?感想なのかな……?感想?

善悪表裏一体の一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント