「真冬の千一夜」感想

「真冬の千一夜/ホワイト・イブの奇跡」感想/ハーレクイン
アビー・グリーン著

 こないだ出てた二部作の一作目にて意味深に出て来たヒロインのお友達。ヘイヘイヘイ、わかってんだぜスピンオフで出るんだろう?構わぬ遠慮せず出し給え!と待っておったら、こちらの短編で登場しました。
 アビー・グリーンにありがちすぎる、モテモテ大富豪ヒーローが女で痛い目にあって女遊びするようになって、女遊びに飽き飽きしてるところに颯爽とヒロインが登場し、ヒーローは「いやいやいやまあうん好きだよ?彼女のことは好きだけどそういう特別ってなんじゃなくてさあ」と余裕ぶっこいてたらヒロインに逃げられそうに……という例の流れですが、何度も言いますが、幼少の頃水戸黄門と暴れん坊将軍と好きすぎて様式美の素晴らしさにどっぷり浸かって来た私にこの「大筋で好きな流れをいろんなシチュで楽しむ」エンタメはもうある意味麻薬だったね!やめられないね!中毒だね!吉宗が「成敗!」って言うようにヒーローも最後は「愛してる」って言う。これですよ!これなんですよ!

 なんでこんな枕が挿入されてるかというと、物語がちょっと短くて感想書きにくいからなんですけど、やっぱアビー・グリーンも好き。世間的にはちょっとアレかも知れんですが、今作ヒーローは子持ちで、まだ学校入る前っぽい年齢程の実の娘がおりましてね。女性とは割り切ったおつきあいしかしてないのに、娘にメロメロでしてね。将来的には落ち着く予定かもしれんけど、娘がおってそれもどうなん?とは思いつつ、ことあるごとに友人に娘がいかにかわゆいか説いておって尊い。なにこのヒーロー、お前が可愛い。
 そしてですね。今作ではそのヒーロー娘がものすごくいいキャラでしてね。最後の最後でニヤっとさせられるキューピッドぶりよ。こういうの大好きなんで、そして短編でさらっと読めるのも良かった。楽しゅうございました。

ヒーロー娘がお利口で、将来普通に父の後を継いで社長とかになってそうな一作。