「花嫁になる条件」感想

「花嫁になる条件」感想/ハーレクインセレクト
ジュリア・ジェイムズ著

 はっきり言ってタイトル全然響いてこねえな、って思ってたのに読み終わってタイトル見返したらすげえ!こんなに端的で素晴らしいタイトル無い!ってめっちゃ感動してる。あと、何度か言っておるんですけどあらすじでシレーっと重大なネタバレ書くのはどうかと、とも最近まで思ってたりもしたんですけど、アマゾンさんの書評とか見てたら「◯◯は私にとっては重要事項なのであらすじに書いてくれ」ってコメントがあったりして、私としてはそこあらすじに書いちゃったら面白さ半減しない???って思う部分なんですが、でもハーレクインさんもこれまでそういう意見聞いてからのあのあらすじなのかもしれないんで、この辺なかなか難しいですね。
 で、今作なんですが、ジュリア・ジェイムズ得意の「ヒロインの秘密がわかってからのヒーローのデレ」が素敵に描かれてまして安定の内容。そしてヒーローがね、ジュリア・ジェイムズのヒーローにたま~にある、思わず苦笑してしまうヒーロー像も健在でしてね。そういう意味でもかなり安定のおはなし。いや、わかるよ。見た目重要だよね。味は一緒でも食材も見た目で選んじゃうし、ミバの悪いのはちょっとお値段お安くなったりもするもんね、見た目重要よ。でも、ヒロインがめっちゃ美人って分かってから、デレ度が酷すぎる。なんだあのデレっぷりは。孫を抱き上げた海◯雄▲か! 目をうっとりさせてヒロインを見つめるな!こっちが笑ってしまう!もちろん大変身前にヒロインのいいところに気付いた描写あったよ!?でも!好みの美人になったからって手のひらを返したように全力で口説くな!笑うからやめて!いや好きだけれども!そういう殿方も!ネタ的に!
 ラストの展開もああいう組み方好きなんでよいねえよいねえ~とホクホクしながら読了しました。
 ヒーローのしでかしたことはヒロインにしわよせが行ってる分、やっぱ褒められないかもですけど、ロマンスの展開としては非常にツボついてくるんでよいよね~って。そして最後にタイトル読み返して、このタイトルの素晴らしさよ、ってなる。

人は見た目が9割って……知ってたけど、うん知ってたけど!ってなった一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック