読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「聖夜のウェディング・ベル」感想

<<   作成日時 : 2018/04/10 21:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「聖夜のウェディング・ベル/聖夜になれば、きっと」感想/MIRA文庫
ヘザー・グレアム著

画像


 なんていうかヘザー・グレアムはこのしっとり系どシリアスがすげえ上手いというかツボる。今作はヒロイン、ヒーロー共に連れを亡くしていて、それが伏線にもなってるんですけど、上手い。細かい伏線がものすごい凝っててもうなんつうが流石!としか言えないんですけどまあこれもいつもなんですけど。
 お互いの子供もまた可愛くて読んでてほっこりしてしまうんですが、まあもちろんなんて言っても主役二人の恋物語が美味しい。ロマンス真骨頂!て感じのハイソでゴージャスでしかも陰りのあるヒーローに見初められるヒロインてなもんで、はっきり言って最高でした。そんでまあ、ハッピーエンドを約束されたレーベルなんで読んでる方はうわあヒーロー、ヒロインにベタ惚れやん、て思うワケですが、ヒロインには分からない。数ある戦歴のひとつになりたくないんでもう傷付く前にほっといてくださいとなってるヒロイン。この一歩前に出せない、よくも悪くも大人の分別さがたまらん。
 しかしまあホント読んでて富豪の休暇の贅沢っぷりを読めてそれだけでも浸れる。しかもそれが淡々と書かれててええんですよ。そしてなんと言ってもラストですな。あああ私もヒーローがヒロインにプロポーズしているのを目の当たりにして「イエスと言いなさい」っていう脇役になりたい……。

クリスマスの素敵なお願いごと、な一作。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「聖夜のウェディング・ベル」感想 読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる