「五番街の小さな奇跡」感想

「五番街の小さな奇跡」感想/MIRA文庫
サラ・モーガン著

 はー泣く。このシリーズ最高泣く。素晴らしかった泣く。涙腺が弱い。
 いやもうさあシリーズ内でも今作ヒロインずっと好きやったけどさあ!はー素晴らしかった。この感じのヒロインとその相手になる斜に構えてる感じのヒーローの組み合わせは定番で王道でつまりめっちゃ美味しいことがもう最初から分かってるんだけどさあ!さあ!さあ!
 あと両主役の脇がそろいもそろって二人をくっつけるための策士なの本当に好き!好き!だいすきいいいいい!
 中途半端な策士でなくてさ、こう酸いも甘いもかみ分けた策士!わたしのめっちゃ好きなやつやん!ええ!イエス!ジーザス!

 ということで訳あってひとつ屋根のしたで暮らすことになった両主役……この時点でもう神作でしかない(早い)。
 例によって(例によってとか言うし)、気になる女性にだけへまをかますヒーロー……、怒って出て行くヒロイン……追いかけるヒーロー、策士の友人、思いやりある友人、尊いなんて尊い。
 なんつうかですね、こうワケあり主役たちの抉られた傷をですね!こう周りの優しさでもって少しずつ癒やされていくんね、最大の癒しが主役二人の互いの存在だったりするんですけどね!これはもう王道というかさあ、人によって受けた傷を人でもって癒やすというカタルシスを得たいのよ読者は!にんげんっていいな、って思いたいのよ読者は!おいしいごはんとぽかぽかおふろも大事で、そして人の繋がりすばらしき!ですよ!はあああああ〜最高。
 ラブラブ部分も申し分無く、いやはや素敵な話やった。パーティ行こうぜってフラグでしかなかったけど、なんだかんだとロマンス分かってんじゃん!ていうヒーローがイケメンでこれはもうヒロインでなくても惚れるし潜在能力が未知数過ぎてゾクゾクしたね。
 そして終盤の、ヒーローの祖母の台詞が神ってた。あれはもう本当にすごい。上手い。印刷して壁に貼っておきたい。いや達筆な方に書いてもらうべきか。

 次も待ってます〜。できればこの二人にはまた脇でちょいっと今後のシリーズにも出て欲しい!ぜひとも!

シニアの言葉が重イイ話ばっかりだった一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント