「愛は闇のかなたに」感想

「愛は闇のかなたに」感想/二見書房
L・J・シェン著

 今回はネタバレある上好意的な感想がほぼ無いので、ご注意下され。あと今作ヒーローが素敵だと思った方は読まない方がいいです。
 そもそもこれツイッターで、読んで面白かったという内容が多かったので入手したんで、世間では評価高い方だと思うんですよ。なんで今回の感想は「まあそういう考えの人もいるのね」くらいに流して下されば幸いです。
 あとここは自分が今後本を買うときに、過去に同作者で読んだかとかも調べたいために記録してるんで書かないという選択肢も無いのもご了承下され。

 それはまあさておき、感想なのですが。
 すっごい久しぶりに全部読めなかった。このブログ書き始めて過去に一作だけ(だったと思う)全然面白いと思えなくて途中で投げた作品があるんですが今作はその投げ作品二作目になりました。でも一応途中から最後までパラパラとめくって要所要所だけ読んだんで、だいたいの筋は分かっております。
 で、そのだいたいの筋自体はすごいいいと思う。展開も良かった。
 何があかんかったかというと、ヒーロー。
 とはいえ、しょっぱなのヒーローの登場シーンとか、実はめちゃめちゃハマりまして、うおおおおおおすげえダーク!ダークヒーロー!来たああああ!超クール!とか相当テンション高めで読んでました。帯にある通り、これはかなりダーク&危険系ヒーロー!個人的にそんなに接してこなかった系統なんで新鮮さもあってノリノリで読んでたんですがね。
 だんだんと、三分の一過ぎたくらいからなんかこう、「このヒーロー、結構抜けてんな」と思うようになって、最初の鮮烈な登場とヒロインとの初夜辺りまであった暗黒界を闊歩する隙の無いヒーロー像のメッキが剥がれてきた?のかな?行動に庶民的というか小物感が漂うようになってきた気がしてきて。ヒロインのボディガードを解雇した部分では野蛮さを出したかったの?分からないけど、単に理不尽にキレてるようにしか思えず、そこでかなり萎えてたんですが、最終的にヒロインに尾行されてんのに気付かず、ヒロインの仇敵と握手して交友的っぽいシーンをヒロインに見られた時点で完全に折れました。
 全く格好良くない。むしろなんかそんな抜けっぷりで父の仇とか取るつもりなん?それでこれまでの罪を逃れてたん?ってなりまして。ヒーローの有能さとか全く説得力無えな!って思って、そこからざっと読みになりました。
 てなもんでだいたいのあらすじも理解したし、構成としてもいいと思う。ラストの、ヒロインがヒーローの罪を知りつつ苦悩して、そしてあのラストを選んだってのもすごい個人的にはいいな!と思った。あとヒロインの設定も性格も好き。ただ今回は所謂「Not For Me」であったと言うのだろう。むしろ題材としては大好物なんでハマりたかった。残念。

ファミリー憎愛極まれりな一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント