「灼熱の瞬間」感想

「灼熱の瞬間」感想/二見書房
J・R・ウォード著

 所謂、戦う英雄たちの苦悩を、綺麗事をぜーんぶ取り除いて書いてる。すごいっすね……やっぱりウォード先生すごいっすね……BDBのときも主役たちに全く容赦無えなって毎回毎回思ってましたけど話違っても作風同じですね(怯えながら)。
 もおうなんてっか、読んでてなんども「マジか……」って顔を青くしたよね。もうしょっぱなからあらすじにもきちっと書いてある展開で、寸分の違いなくこれっぽっちも間違いなくあらすじの通りでした……マジか……。
 はっきし言ってすごいロマンス含めて全体面白かったです。これはマジ。繰り返して言うと本当に何度も「マジか……」ってなったし実はバス内で読んでて泣いたりしてもうたけど(朝から完全不審者)、面白かったです。さすがウォード先生。いやでもさあ、なんなの?ほんと登場人物に、特に主役への容赦のなさは本当にこれなんなの?そういう縛りでもあるの?我ながらいい加減しつこいな。
 てなもんで、ヒロインにもだし、ヒーローにもだし、容赦ない現実も肉親とか友人とか同僚とかのしがらみとか、もう生きてくって本当に大変だし、危険な現場に出向くの本当に大変だし……あかんやっぱり会話がループになってる。いやしかしだね!そういうのも全部乗り越えていくのね!主役たちがね!その辺りのカタルシスも素晴らしくてね。途中で読むのを止められないのよね。面白かったです。
 読んでいてですね、両主役がお互いのこともう本当大事に思ってるのが分かるんですけど、いろいろあって完全両思いにはなれなくて。こんな展開辛い……。なんなのこの縛り多過ぎのこれっぽっちも甘酸っぱくない両片思いはよお……。よう考えつくわこんなネタ……。マジか……(サブリミナル)。
 いや最後にもまたマジか……って展開になったんだけどねえ。最後の最後でヒーローの行動でですねえ。あれすげえっすね。読んだ?あなた読んだ?私こんな使い方されるって期待もしてたけど見事裏切らずスッパーンとねえ……。素晴らしいかよ……。
 締めにニヤニヤしつつ。しかしこれシリーズものでして、主役たちのロマンスは決着つきましたが事件はまだ闇の部分もあるし「次のヒーローです」「さらに次のヒーローです」ってイケメンもぞっろぞろ出てきてて、ああこれもまた面白いシリーズになるんだろうな、と思いました。楽しみです。

反省しないのもあきませんが責めすぎるのも駄目という一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント