「誘惑はシチリア式で」感想

「誘惑はシチリア式で」感想/ハーレクインセレクト
サラ・モーガン著

 ううううううるさい!一人が好きなんじゃ!別に顔も体も魂もイケメン宛がってくれとか言ってない!なんで寂しいのがあかんのじゃ!
 と声を大にして言いたい時も無きにしも非ずですたが、基本ハマりました。面白かった。サラ・モーガンはええよ……。
 ヒロインは、身内で一人の相手と添い遂げた人間が居なかっただけでなく、母親に不当に扱われてたのもあって、ヒロインに珍しいサウザー状態(=愛などいらぬ!)だったんですよ。でも根っこでは、人一倍愛に飢えてて、本当は愛情深い人間で、枷を取ったら素晴らしい人生送れる、キュートなヒロイン。それは分かる、めっちゃ分かる。でもな。
 ヒロインはことあるごとに周りから恋人作れ結婚せえ結婚せえ一人は寂しいじゃろ愛はええよペアになろうよ読書とかばっかせんと外に行こう一人なんて駄目ダメダメ……

 うるせええええええええええ!!!!!!

 とヒロインもだけど私がキレた。
 いや先ほども申しましたが分かるのよ、ヒロインは本当に一人がいいって心の底から思ってる人物じゃ無いのを。でもな。余りにも作中でなんかこう一人はいかんぜよと言われているヒロイン見てたらこう居たたまれない気持ちになってさあ。寂しいことは悪いことでないで?と思わずこうさ。何もうこれが負け犬思考なの?知らんけど。とはいうものの、ヒロインの食事に対する傍若無人ぶりは確かにどうかと思う。ここか。そういうことか。だからか。
 てなもんで作中にて所々イラっとしてしまったのもあるんですが、ヒーロー像がガチイケメンだった。いろんな部分で男前だった。これはいいシチリア人。なるほどタイトルやで。
 ヒロインのかたくなな心をイケメンヒーローが優しく溶かす、ってイメージ持たれるかも知れないっすけど、実際は5メートル上の高台からいきなり突き落とされてぎゃーってなって落ちたところがめっちゃ気持ちいい温泉って感じの話でしたよ。怒濤の攻め。

私もこの舞台のモブとして登場し「なんてイケメン」ってヒーローを眺めたいと思った一作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント