「謎めいた夜は公爵と探偵を」感想

「謎めいた夜は公爵と探偵を」感想/ベルベット文庫ヒストリカル
ケリー・ボウエン著

 初めに言っておくと私はヒストリカルがそんなに好きじゃない。特にイギリス、リージェンシーものが好きじゃない。デボラ・シモンズもクリスティーナ・ドットもエリザベス・ホイトもケリガン・バーンもローズマリー・ロジャーズも大好きだけどあの英国リージェンシー辺りのヒストリカル好きじゃない(意味不明)。
 そんな私が言う。この「チェガーレ・アンド・アソシエイツ」シリーズ、めっちゃ面白い。
 語彙?死んだ!はい死んだよ語彙死んだよ!
 面白かったです!!!!!

 深呼吸。
 ツイッターのTLで「帯」「帯www」「帯がすごい」と話題になってたんで本屋に行き私ももれなく「帯やな」って思った本だったんですけど。すげえっすわ。このダイレクトでインパクトある帯に内容全然負けてない。もうね、最初読み始めからぐいぐいくるね。容赦ねえ!ちょwwwページめくる手www止まらんwwwというツイッターの例の様式美かよ!てくらいぐいぐいくる。ミステリ入ってて謎解きも面白いし、ロマンスもいいし、何よりヒロインの有能さがたまらん!爽快感ぱねえ!ヒーローがちょっと霞む!でもこのヒロインに対しちょっとしか霞んでないヒーローむしろすごい!てかその霞み加減の塩梅がうま過ぎる!生理食塩水か!またも意味不明!!!!!
 いやすごいっすよ。伏線のうえに重ねられる伏線。そしてそれに上手く絡み合うロマンス。適度にヒロインの足を引っ張りつつ素晴らしく有能なバディであったヒーロー。ウイットに富んだ会話。魅力的な脇役たち。ええ、次回次次回の主役ですよねわかります!(次回作はよ!)4作目ヒーローは彼だろ!絶対に彼だろ!彼だと言って!!!!!!!あと妹もいつかヒロインになって!お願い!あと3作目のヒーローは彼らしいので、今作ヒーローの立場入れ替わってたしなめてやれ!3倍返しだ!
 最初に言った通りこの時代にほっとんど興味無くて、実際この時代にこういう職業とかあったのかどうか知らないんですけど、あっても無くてもこの話は素晴らしい。非常に良い!上手い。そしてもうたたみかけるような話の展開なのに決して浅くなくて良い!というかひとつひとつが練ってて意味があってすごい!語彙!無い!
 いや世のなかにはまだたくさん面白い小説がいっぱいあるね!でも私は英国リージェンシーもの好きじゃない。ツンデレか。きめえ。

存在意義を探る一作。

この記事へのトラックバック