「収監城の公爵と囚われの王女」感想

「収監城の公爵と囚われの王女~甘美な交換条件~」感想/夢中文庫
さえき巴菜著

 場面のひとつひとつが美しい。北国であろう、静謐とした寒さも、ヒロインの凛とした佇まいと、彼女の感じる寂寥さえも鮮やかに描かれている。そしてもちろん、冷徹と見せたヒーローの奥に燻る情熱と、それが暴かれた瞬間からの一連の挙動も、険しい山野に脈打つ滝のように雄々しく爽やかである。
 とかなんとか言っておりますが、まあ萌えました。しゅげえ好き……わ、わたし今回みたいな気位のたっかいお嬢さんが素直になれなくて墓穴掘ってちょっとえっちい雰囲気になる展開しゅげえ好き……やばいどストライクやばい大谷選手かよやばい全盛期のイチローでさえ返せるのってくらい剛速球やばい。
 あれですわ(どれだ)。ヒーローの行動がまたいちいち絵にしたくて困る。ヒロインのくせっけ髪の毛一筋手に取って(てかこの以前の展開もウハウハなんですが)ヒロインの目見たまま髪に口付けるとか誰だ!こんな心臓止まりそうになるくらいのド萌え行動を教えたのは誰だ!こっちは萌え死にそうになるのをホイミ唱えまくってなんとか生きてるていたらくよ!MP足りねえよ!
 なのに!なのにですよ奥さん!今作のヒーローは!ラストに!こともあろうにあんなセリフ!!!ネタバレになるから言えないけど!あのセリフは!素敵すぎる!あんな短いセリフだけで!殿方の思いを全て表すなんて!最高!最高か!!!ホイミでは生きていけない!誰か!誰かザオリクを!!!!!

 かゆ

 うま

 んまあそんなわけで私はゾンビとして続きを読んだわけですが、楽しゅうございました。髪をかきあげるヒーローを見て、そんなヒーローにドキドキしてるヒロインのかわゆさを見て、最初の数ページでまあ「あ、これは萌え死ぬ」って知ってたけど。「ばば様、みんな萌えしぬの?」「さだめならね」

策士策に溺れるとみせかけ(ネタバレなので伏せ)な一昨。

この記事へのコメント

さえき巴菜
2019年04月07日 22:48
さえきです<(_ _)>
ありがとうございます…!腸ねん転起こしそうなほど大笑いしてしまいました…ゾンビかゆうま うまし!
山!冬!大好き!でも自分では行きたくない!そんな舞台が好きです!いつも温かく面白すぎるご感想、ほんとうにありがとうございます…!
<(_ _)>!!
まへばらよし
2019年04月07日 23:05
さえきさん!いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。てかコメント!正直過ぎ!!吹きました!!!寒いところ!私も!苦手!!!
こちらこそ素敵作品ありがとうございます。ちょう楽しかったんですけど、でも、感想にも書いたあのヒーローの終盤のセリフは心臓に悪い。素敵過ぎて呼吸が止まるかと。バスの中で読んでたんですけど目的地前に降りますボタン押して降りて一旦落ち着きたかった。浸りたかったので帰ってから読み返しました!最高です。ありがとうございます!そしてありがとうございます!!!

この記事へのトラックバック