読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハイスペックな彼の矜持と恋」感想

<<   作成日時 : 2018/06/26 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ハイスペックな彼の矜持と恋」感想/シャレード文庫
夕映月子著

画像


 諸事情により非常に勉強になった内容だったんですが、入手の決めては表紙でした。ツイッターのTLにこの絵が流れてきた時に惚れました。そんなんで正直なところあらすじ読んでも可も無く不可も無く、というか和製BL歴ちょう短いオノレにはイマイチ萌えどころが分からなかったんですが、読んだらよさが分かりました。はああああああめっさおもろかった……!しょっぱなの緊張感。すごい。すげえ空気の張りつめっぷりと受け(はっきりと言ってしまってよいものか分からないのですが便宜上)ヒーローの揺れの描写が凄過ぎる。そしてそれをガッツリ食う攻めヒーローの野獣っぷりにハアハア言ってました。でもってその後の、受けヒーローの複雑な心情がクールかつ緻密に描かれていてですねえ。よかったです。今回のはプライドごっさ高い殿方二人のやりとりがたいそう楽しく。しかも頭の切れる二人の応酬ですよってのがいわゆる言葉でなく内容で示されてて、非常に圧巻でした。
 そんなんで、企業戦士最前線で戦ってます!的な二人のロマンスなんですが、なんでなん?そんなんできひんやん普通!って思うんですけど、しっとり甘い部分もしっかり入ってて、なんなん!?めっちゃ辛口の日本酒なんだけど後味が優しい!?みたいな。なんだよこの例え。日本酒呑みたい。いやそれはさておき、ラストで受けヒーローがポロっと可愛いこと言っちゃうんですけど、それに対して攻めヒーローもホロっと「あ、それ落ちますやん」ってことを言ってくれてむしろ私が落ちた。
 個人的に浮けヒーローが攻めヒーローに拗らせてるって言われてた部分がツボった。確かに言われたらそうだなって。
 あとおまけのご褒美が過ぎる。

このヒーローから逃げられる気がしない一作。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「ハイスペックな彼の矜持と恋」感想 読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる