読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「月の帝王と暁の聖花」感想

<<   作成日時 : 2018/05/20 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「月の帝王と暁の聖花」感想/ハニー文庫
吉咲志音著

画像


 戦うお姫様なんですけどめっちゃ乙女でキュートで可憐で惚れた。かわええです。これヒーロー惚れるってええ惚れるって。一途でさあ。義理の兄を心配して行動起こしたらヒーローが勘違いしてはあああああああすれ違いすれ違いご褒美ご褒美!てハアハアしながら読んでました。ヒロイン申し訳ない! この両思いなのにすれ違ってて最後に誤解が解けてラブラブって展開はなんでこんなに美味しいんですかね!カタルシスですかね?とにかく今作はヒーローの嫉妬も「いいよ〜いいよ〜」とニマニマしながら読んでた。ヒロイン申し訳ない!(二度目)。
 ストーリー的には帯にもあるようにこりゃヒロイン悩むで、という展開なんですが、NHK大河ドラマ北条時宗の両親に萌えた自分には死角は無かった。ひょおおおおおバッチコーイ!ヒロイン申し訳ない!(三度目)。でもラストの展開は死にそうになったね!すっかり騙されてね!まじかあああああああとか思って読んでたよね。ヒロインの苦難をこれもラブラブの為だから!てゆるゆるで読んでたんで罰があたったね!
 あと余談なんですけど、挿絵がありますんで、当然話の内容は挿絵のバージョンで脳内で再生されますやん?今作のヒーロー、表紙の通りガチイケメンなんですけど、でも○○○○星人なの。この表紙の男前っぷりで○○○○星人なの。ギャップもえですな。ヒーローが余りにも口に出すんで私も挿絵そこしか見てなかった。陰謀だ!
 まあそれでも読んでるときはハラハラしながらも読んでまして。怒濤の展開も面白かったです。古代インド舞台面白いのでまた是非書いて頂きたい。

戦うお姫様は好きですが?な一作。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「月の帝王と暁の聖花」感想 読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる