読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「運命の乙女を娶った王太子は新妻にご執心!」感想

<<   作成日時 : 2018/02/17 16:21   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「運命の乙女を娶った王太子は新妻にご執心!」感想/蜜猫文庫
藍井恵著

画像


 これ深く考えると人権蹂躙なんじゃねえ?って思うんですけど、ごめんなさいめっさ萌えました。やべえ!面白かったああああごめんなさいいいいヒロインごめんなさいいいい。王族ってそうだから!頑張ってヒロイン!とかすげえ適当で非道なこと考えながら読んでた。王族の皆さんにもごめんなさい。
 しょっぱなにヒロイン攫われてしかも○○させられてほんと鬼畜やんって思うのが普通なんかも知れんけどほんと済みません。そういうのが好きな人のレーベルだから!とかもうホント失礼極まりないこと今回言いまくる。萌えました!くどいけど楽しみました。あああ。てか絶対ヒロインの性格設定が上手過ぎて深刻感無くしてるとこがほんとすごい。だからハマれたんだとも思う。
 ということで?ひとりで頑張ってたヒロインなんですが、ヒーローなりの苦悩とプラスまわりの環境のせいで「わしはこんなとこきとうなかった!」を地で進む。ですよね〜。遁走するのがまた面白い。なんかこう適度にゆるくてでもきめるとこは決めてニヤニヤしながら読んでました。
 ヒロインのかわゆさはほんと作品を明るくしてて素晴らしいんですが、個人的に傲慢ヒーローが大好物なんで今作のヒーローにハアハア言ってた。のちに全部が分かってもっとハアハア言ってた。過呼吸。ツンデレ最高。
 帯に「子作り嫌か」と書かれてますが挿絵の8割は子作り。バスで読むなら注意しろよ!私は無理だったよ!

王太子がほんと王子王子してて王子を勘違いしてるかも知れんけどいいんですわな一作。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「運命の乙女を娶った王太子は新妻にご執心!」感想 読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる