読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「白骨の貴方に臓物と愛を」感想

<<   作成日時 : 2018/01/28 18:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「白骨の貴方に臓物と愛を」感想/eロイヤルロマンス
葛城阿高著

画像


 ひとつのテーマがものすごい太い柱となって作品が構成されててただただ舌を巻く。ほんと細部にまで魂が宿って作られてる感ある。ヒーローの造形から、さすがに万人に対してガッツリ勧められる作品ではないのかも知れんですが、今作はこの外観あってこそのテーマなので、ちょっと足がすくむと思っておられる方は、勇気を出して読んでもらいたい。非常に面白かったです。お勧めです。
 ヒーローのお友達とヒロインの姉の話もニヤニヤで読んでて好きなんで、こっちはこっちで独立で読んでみたかったかも、と思うんですわ。でもむろん、主役二人の話がすげえ。なんというかすげえとしか言い様がない。ヒロインの一途さも、ヒーローの一途さもたまらん。ヒーローは元々体を動かす方が得意だったんで、魔力はあるものの呪いの方についてはそないに知識がなく、むしろヒロインの方が学者系で、その辺の描写もすげえ分かりやすくて上手い。なんというかガッツリ言ってしまうと、ヒロインのいっちゃってる感描写がすげえのでおもろいのですよ。一方のヒーローも大概で、これまたすごい。もうホントネタバレになるんでここは読んで下さいとしか言えないのがキビシい。楽しかった。個人的にヒロインが魔法陣描いて発動させるシーンとかかっこよくて描きたいんですけど、エロでない方のR指定ひっかかりそうなんで断念しました。
 本編もしゅげえんですけど、書き下ろしらしい後半の展開のラブ感もすごかったですね。読み応えありました。なんか安心もした。人間そんなもんだよね。ヒーローがもやすシーンも描きたかった……。

狂愛ここにありな一作。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「白骨の貴方に臓物と愛を」感想 読んだ本の感想を気の向くままに書いてみる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる